subconciousness

「クワイエットルームにようこそ」、思ったよりよかった(*^_^*)



クドカンと大竹しのぶがおもしろくて
蒼井優は可愛かった。



でも最後らへんは個人的に微妙でした。。


映画の良し悪しなんかは完全に個人の好みということでね、私個人の好みとしてはエンディングで失速するというかモヤモヤっと、話が停滞したままセリフがずーーーっと無くなって終了〜
みたいなのは好きじゃないんだな…


もっとスパッと終わってほしーのーだー



映像やセリフや展開のスピード感どうこうじゃなく、こう、終わりに明確な意味があるのがいいなぁ。理解力が低いんかな、抽象的すぎるのは難しい。それまでしっかりと話が進みよったのに「あれ?」っちなる。



作品全体が抽象的でフィニッシュも意味不明やった洋画を前に観たけど、あれは物語をなぞってちゃんと理解することを求められてないような映画やったので
ああいうのは別⊂((・x・))⊃


あれはあれでおもろかったけど…タイトル忘れたなぁ。





まー最後らへんはともかくたのしかった〜

なんか、自分もこの先落ちるとこまで落ちるのもアリかな、とおもいました。うはは




おやすみなっさ!
[PR]
トラックバックURL : https://niche1331.exblog.jp/tb/17600709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kottystance | 2012-05-30 21:48 | 映画 / ドラマ | Trackback | Comments(0)

希望は体力 まだまだ大丈夫


by kottystance
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31